Menu 選択された地域でのサービス
  • 該当するものがありません
地域を選択
Remember my selection
お使いのブラウザーが古いため、当ウェブサイトだけでなく他のサイトにおいても正常にディスプレイされない可能性があります。

2021年世界経済見通し

コロナウィルスが招いた景気後退は、主に資産市場や所得への金融面のショックが促した戦後のこれまでのサイクルと比べ、はるかにV字型をしているとみています。2021年の実質GDP成長率は世界全体で6.0%と2020年の-3.9%(見込み)から大幅なリバウンドを予想しています。日本では主要国との対比では緩やかながらも2020年の-5.3%(見込み)から2021年は3.3%へと、やはり市場予測を明確に上回る持ち直しを予想する。

※外部サイトにリンクしております。

※上記リンク先のレポートは、ゴールドマン・サックス・グローバル投資調査部が発行したものであり、GSAMが作成したものではありません。同レポートに記載された見解は、GSAMあるいはその他ゴールドマン・サックスまたはその関連会社のいかなる部署・部門の見解と必ずしも同一であるとは限りません。同レポート記載の情報は作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。
※同レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の投資商品の推奨(有価証券の取得の勧誘)を目的としたものではありません。