Menu 選択された地域でのサービス
  • 該当するものがありません
地域を選択
Remember my selection
お使いのブラウザーが古いため、当ウェブサイトだけでなく他のサイトにおいても正常にディスプレイされない可能性があります。

※「nextWIN」はゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社の登録商標です。 GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ Aコース(限定為替ヘッジ)/Bコース(為替ヘッジなし)/Cコース(毎月決算・分配条件提示型・限定為替ヘッジ)/ Dコース(毎月決算・分配条件提示型・為替ヘッジなし)(以下、総称して「本ファンド」または「nextWIN」といい、それぞれを「Aコース」、「Bコース」、「Cコース」、「Dコース」といいます。)は、 「netWIN GSテクノロジー株式ファンド Aコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)」とは別のファンドであり、投資対象等が異なります。ファンドの性格をよくご理解いただいたうえでご投資ください。

nextWIN コンセプト動画

 / 

将来のテクノロジー・リーダーが創る未来への投資

テクノロジーの進化は、とどまるところを知らない。 新しいモノやサービスが、私たちの暮らしを一新していく。 想像もしなかった未来が、世界各地で創り出されていく。 斬新なアイデア、先進的なテクノロジーであらゆる産業に大きな影響を与え、未来を書き換えていくイノベーティブ企業の成長は著しい。 nextWINは、次世代のリーダー企業に着目し、未来への投資機会を提供する。

世界中で誕生し続けている革新的技術


+

ACROSS THE WORLD 北米発の企業が中心となり、けん引してきたテクノロジー業界。技術革新の波は世界中に波及し、世界中からまた新たな革新的技術が誕生し続けている。nextWINはグローバルなネットワークと独自の洞察力で次世代のリーダー企業に着目し、一歩先に投資を行う。

+

CHINA 中国では、テクノロジーの浸透が生活の風景を一変させている。モバイル決済、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)、Eコマース(電子商取引)。深圳(セン)は世界でも有数のイノベーションが盛んな都市の1つとなり、その技術と市場が持つパワーは計りしれない。

+

EUROPE 自動運転の実用化・導入に向けた欧州統一の枠組み構築が進むなか、欧州では自動運転技術の開発やロボティクス産業が活況を呈している。また、多くの国が集う同地域では、越境するEコマース市場の規模が拡大している。

+

LATIN AMERICA テクノロジー活用の波は中南米にも、着実に浸透している。急成長するEコマース市場は、国境を超えたリーダー企業を生み出し始めている。今後も新たなイノベーティブ企業の誕生が期待される。

+

JAPAN 日本の高度な技術力も見逃せない。デジタル機器はもちろん、今後の成長が期待される自動運転システムやIoT(モノのインターネット)などの分野で不可欠な半導体や精密電子部品。依然として世界トップ水準の技術力がもたらす可能性は注目に値する。

世界を革新するテクノロジーは、飛躍的な価値を生み出す

30年前、想像できただろうか。テクノロジーが世界をこれほどまでに変えることを。斬新なアイデアと最先端のテクノロジーで世界の風景を一新させた現在のテクノロジー・リーダーの企業価値は、過去、大きく成長してきた。

現在のテクノロジー・リーダー企業の上場時と足元の時価総額


現在のテクノロジー・リーダー企業についての説明は、本ファンドの投資対象を説明するものではありません。一般的な情報提供を目的としてFAAMGについて記載しています。FAAMGとは、Facebook(現MetaPlatforms)、Apple、Amazon、Microsoft、Google(現Alphabet)の米国テクノロジー大手5社を示す略称です。円の大きさは時価総額の規模のイメージを示しています。円内の倍率は、各企業の上場時(上場月の月末)と現在(2022年5月末)の時価総額の規模を比較したものです。出所:ブルームバーグおよびリフィニティブのデータに基づきゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント作成 上記は経済や市場等の過去のデータであり、将来の動向を示唆あるいは保証するものではありません。個別企業あるいは個別銘柄についての言及は、当該個別銘柄の売却、購入または継続保有の推奨を目的とするものではありません。



次の機会がいま、到来しようとしている

投資対象および銘柄選択のポイントについて


将来のテクノロジー・リーダー

世界へ広がる投資機会

持続可能かつ継続的な収益拡大が見込める企業

関連レポート

2022年10月21日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)

2022年8月22日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)

2022年6月24日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)

2022年5月16日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)

2022年3月23日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)

2022年1月26日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)設定来の運用状況と今後の見通し

2022年1月5日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)Cコース/Dコース決算のお知らせ

2021年12月8日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)2022 年の投資環境見通しと nextWIN の投資戦略

2021年12月1日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)Cコース/Dコース決算のお知らせ

2021年11月1日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)Cコース/Dコース決算のお知らせ

2021年9月30日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)Cコース/Dコース決算のお知らせ

2021年9月21日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN) 純資産総額5,000億円突破のお知らせ

2021年8月30日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)

2021年7月30日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)

2021年7月5日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)

2021年3月22日

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ(愛称:nextWIN)

ファンド詳細

投資リスク・費用等について
投資リスク・費用などについて、くわしくは「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。