Goldman Sachs Asset Management

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社

スチュワードシップ責任について 【ESG(環境、社会、ガバナンス)について】

スチュワードシップ責任について

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント(GSAM)*では、中長期的視点から企業価値および株主価値向上を目的とした様々な取組みを行なっています。投資対象企業との対話や議決権行使、投資プロセスに環境、社会、ガバナンス(ESG)の要素を取り入れることによって、顧客の資産運用の目的に資すると同時に、環境、社会の課題解決に貢献することができると考えています。

GSAMは国連責任投資原則(UNPRI)へ2011年に署名をしております。UNPRIが定めた原則は、受託者責任に沿った範囲で、投資判断プロセスにESG課題を盛り込むことを掲げています。

「責任ある機関投資家」の諸原則 《日本版スチュワードシップ・コード》へは2014年に署名をしています。本コードは日本国内の上場企業を対象とするものではありますが、スチュワードシップ責任を果たすというコミットメントはグローバルなGSAMの運用チームに共有されています。

*ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社およびゴールドマン・サックスで投資運用業務を行う関係法人を総称して「ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント」あるいは「GSAM」と呼びます。

スチュワードシップ責任に対する考え方

スチュワードシップ責任に対するGSAMの考え方に基づき、弊社では「スチュワードシップ活動に関する基本方針」を策定しております。

議決権行使について

弊社は「議決権行使の指図にかかる方針」を設け、アクティブオーナーシップの一貫として議決権行使を実施しております。GSAMにおける議決権行使方針は年一回改定され、コーポレート・ガバナンスや環境、社会的責任に関する考えを随時反映させています。

ゴールドマン・サックス・グループにおける取り組み