選択された国でのサービス
  • 該当するものがありません
国を選択
Remember my selection
お使いのブラウザーが古いため、当ウェブサイトだけでなく他のサイトにおいても正常にディスプレイされない可能性があります。

2018年11月21日

「ゴールドマン・サックス米国REITファンド(愛称:コロンブスの卵)」

EMAIL THIS

Note: Separate multiple email address with a comma or semicolon.

SEND
Send me a copy

EMAIL THIS

Note: Separate multiple email address with a comma or semicolon.

Your Name:

Your Email Address:

OPEN EMAIL TO SEND
Send me a copy

年初来の運用状況と今後の見通し

  • 2018年初の米国リート市場は、米国の利上げ継続観測などを背景に、米国の長期金利が大きく上昇したことを受け、軟調に推移しました。
  • しかしその後は、金利上昇の動きに一服感が見られたことに加え、下落により割安感が高まったことや、堅調な米国経済が追い風となり、米国リート市場は大きく反発しました。これを受け、2月末以降、本ファンドは米国株式を上回る良好なパフォーマンスを記録し、年初来でもA、Bコースともにプラスとなっています。