選択された地域でのサービス
  • 該当するものがありません
地域を選択
Remember my selection
お使いのブラウザーが古いため、当ウェブサイトだけでなく他のサイトにおいても正常にディスプレイされない可能性があります。

2019年7月19日

ゴールドマン・サックス米国REITファンド 愛称:コロンブスの卵

EMAIL THIS

Note: Separate multiple email address with a comma or semicolon.

SEND
Send me a copy

EMAIL THIS

Note: Separate multiple email address with a comma or semicolon.

Your Name:

Your Email Address:

OPEN EMAIL TO SEND
Send me a copy

今あらためて米国リートに注目!

年初来、本ファンドは比較的良好なパフォーマンスを記録

2019年、FRB(米連邦準備制度理事会)が金融緩和姿勢を強めたことなどを受け、米国リート市場は堅調に推移しています。5月以降は貿易摩擦を巡る懸念が重石となる局面もみられましたが、米国リートはその悪影響を受けにくいと考えられることや、金利低下に下支えされたことなどから、比較的安定した動きとなりました。

このような環境下、本ファンドの年初来のリターンはAコースが+12.6%、Bコースが+11.2%となり、米国株式を下回ったものの、他資産比で良好なパフォーマンスを記録しました。