選択された地域でのサービス
  • 該当するものがありません
地域を選択
Remember my selection
お使いのブラウザーが古いため、当ウェブサイトだけでなく他のサイトにおいても正常にディスプレイされない可能性があります。

2019年10月7日

エマージング市場

EMAIL THIS

Note: Separate multiple email address with a comma or semicolon.

SEND
Send me a copy

EMAIL THIS

Note: Separate multiple email address with a comma or semicolon.

Your Name:

Your Email Address:

OPEN EMAIL TO SEND
Send me a copy

エマージング市場の見通し

  • 2018年は、「米国の独り勝ち」が市場のテーマとなり、米国資産優位に推移。エマージング諸国をはじめとする米国外地域の経済成長率の改善期待、FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ姿勢軟化などを背景に、2019年初は、本年はエマージング資産優位となると予測
  • 実際に2019年初はエマージング通貨優位の状況がみられていたが、5月以降、米中貿易摩擦をはじめとした地政学的リスクの高まりなどにより、エマージング資産はやや軟調に推移
  • 一方、主要エマージング諸国のファンダメンタルズは改善しており、主要国の経済成長率の底打ち感や改善がみられること、また世界的に金融緩和環境が広がっていることがエマージング資産の追い風になると考えられる。加えて、バリュエーション水凖も割安であることから、引き続き投資妙味があると考える