選択された地域でのサービス
  • 該当するものがありません
地域を選択
Remember my selection
お使いのブラウザーが古いため、当ウェブサイトだけでなく他のサイトにおいても正常にディスプレイされない可能性があります。

GS フューチャー・テクノロジー・リーダーズ Aコース(限定為替ヘッジ)/Bコース(為替ヘッジなし)(以下、総称して「本ファンド」または「nextWIN」といいます。)は、「netWIN GSテクノロジー株式ファンド Aコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)」とは別のファンドであり、投資対象等が異なります。ファンドの性格をよくご理解いただいたうえでご投資ください。

ITが変える
新しい生活様式

在宅勤務、Eコマース(電子商取引)、電子決済…生活様式を変革するテクノロジーの浸透が今、世界中で加速している。私たちの暮らしはいつの時代も新しいテクノロジーとともに進化してきた。そして今も、革新的なテクノロジーが世界中から続々と生まれている。次のテクノロジー・リーダーが創る未来への投資。次の機会がいま、到来しようとしている。

4つの変化


+

働き方の変化
-Working Style-
在宅勤務の本格導入は一気に進み、効率的な働き方を可能にした。今後新しい生活様式におけるビジネスのスタンダードになっていきそうだ。

+

消費の変化
-Consumption-
Eコマースを通じた消費行動の変化は絶えない。フードデリバリーの需要は急増し、「人が動く時代」から「モノが動く時代」へ。この流れは、今後さらに進むと考えられる。

+

決済の変化
-Payment-
キャッシュレス化が加速する新興国を中心に、電子決済は今後世界のスタンダードになることが予測できる。近い未来、「現金払い」という概念が世界からなくなっているかもしれない。

+

娯楽の変化
-Entertainment-
映画や音楽は定額制が普及し、オンラインゲームは世界中の人と喜びや感動、興奮を分かち合える場を作りだす。テクノロジーは物理的な距離をなくし、新しい娯楽を私たちにもたらしている。

注目するこれからのテクノロジー

私たちの暮らしの中に今急速に浸透し、生活様式を大きく変えつつある革新的な4つのテクノロジー。浸透からスタンダードへ。今後ますます成長が期待できるこれらのテクノロジーは、世界中の景色をどのように変えていくのか。投資の視点からテクノロジーが持つ未来の可能性を見る。

生活様式を変えつつある革新的なテクノロジー


数字で見る
生活様式の変化

生活様式の変容はさまざまなデータに表れはじめている。

+

変わる勤務形態の
企業意識
世界では、74%の企業が従業員の一部の在宅勤務などを活用した新しい働き方を前向きに捉え、恒久的に継続させたいと考えている。

+

導入が進む在宅勤務 東京都では、中小企業の在宅勤務実施率が2020年3月の26%から6月には67%と約2.6倍に拡大。多くの企業の導入が進んだ。

+

加速する企業の
クラウド利用
世界では、57%の企業が在宅勤務同様に働き方改革を進めていく上で必要なクラウドサービスの利用を加速させたいと考えている。

+

ビデオ会議の浸透が
加速
2020年4月、マイクロソフト社のコラボレーションツールTeams(チームズ)を使用したビデオ会議の1日当たり参加人数は、世界で最大約2億人に。

変わる勤務形態の企業意識:2020年3月末に実施した企業(グローバル)317社へのアンケート結果 出所:ガートナー、加速する企業のクラウド利用:2020年3月に実施した企業(グローバル)187社へのアンケート結果 出所:フレクセラ、導入が進む在宅勤務:出所:東京商工会議所、ビデオ会議の浸透が加速:出所:マイクロソフト

上記は新型コロナ危機の環境下における短期的なデータであり、ここに記載するトレンドは今後変わる可能性があります。また、経済や市場等の過去のデータは、将来の動向を示唆あるいは保証するものではありません。個別企業あるいは個別銘柄についての言及は、当該個別銘柄の売却、購入または継続保有の推奨を目的とするものではありません。

 

ファンド詳細